ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

ひげじいの「ひるがの日記」記事詳細

2018/02/16

平昌五輪

記録的な豪雪で屋根から落ちた雪が窓より高くなったと思っているうちに、とうとう繋がってしまった。
除雪作業中のお年寄りの事故が多く報道されているのでヤバイ場所の除雪は
『見るに見かねた応援団』が来てくれているウチにやってしまうことにしている。
(徐々に雪が軒先に近付いていく様子)

180216_01

180216_02

特に灯油ストーブの吸排気口と灯油給湯器が雪に埋まってしまわないように日々気を付けている。
暖房器と給湯器が使えなくなったりしたらグリュンにとっては死活問題である。
一応、停電に備えて一般的な灯油ストーブも準備はしているが専らテラスの暖房に使っている。

お天気の良い日はサンルームという感じで20℃以上になるのだが、
そうでもない日にストーブを焚いてまでテラスで試食する物好きなお客様は今のところ出現していない。

180216_03

さて平昌オリンピックは何故か21時頃から深夜にかけてが、競技のハイライトタイムになっている。
これはヨーロッパでのテレビ放映に合わせてのことらしい。女子ジャンプも最初の方だけはなんとか見ていたが、
早寝早起きの健康的なヒゲ爺にとっては紗羅ちゃんが飛ぶころまで起きているのは至難の業なのじゃ。

ましてや日をまたいでの2本目なんかテレビは点きっぱなしだが、爺はとっくに気を失っていたのである。
時差の無い韓国でのオリンピックなのに一体どういうこっちゃ!
仕方がないから翌日のニュースで見てもドキドキ感は全く無いではないか!

やっとメダルラッシュが始まったと思ったが肝心の『金』が取れそうで取れない!
女子スピードスケートなんか、オランダ選手の脚の長さと比べチンチクリンの日本選手が健闘しているのは
アッパレではあるのじゃが・・・。

南隣の2階建て倉庫の屋根は自然落下した雪が地上の雪と繋がってしまっている。
グリュンの屋根の雪は繋がっている部分の縁を切っていたら
小規模な(屋根)雪崩に押されて柔らかい雪の中に尻餅をついてしまい起き上がるのに苦労した。

180216_04

180216_05

ハムと向き合って45年 こだわりの製法
全国配送OK ご注文はこちらから
ひげじいの「ひるがの日記」
おんじのおすすめレシピ
ひげ爺のインスタグラム - Instagram
ひるがの高原 B&B分水嶺
ひるがの高原 硬式ホームページ
ページ先頭へ